スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【高尾遠足】

お店の定休日。
最近遠出をしてなかったのですけれど
久々に高尾の方まで、足を伸ばしてみました。


先日も書きましたが、今、高尾山のお腹に穴が開けられる工事が
着々と進んでいます。


圏央道のトンネルが掘られているのです。


最近それを教えてもらい
東京にいながら、知らなかったことにショックを受けました。


20年以上も前から、かの土地に暮らす方たちの多くは国の計画に反対し、
2000年からは、虔十の会というNGO団体の方々が、高尾の自然を
守る活動をされています。


入会地と呼ばれるその地域の共有地として
古くから利用されてきた土地があり、
その一部はトラスト地として、保護活動団体所有の土地でもあります。
そこに関わる全員の許可もないまま
国と都は、その土地も国有だとし
そのすぐ横から
反対する住民の少ない裏側の方から
国定公園ど真ん中、高尾山の工事を始めています。


1m掘り進むと、7000万円のお金がおりてくるそうです。
さて、いったいそれはどこから?そしてどこへ?


活動されている方たちの声が今、各地に届き
この事実が明るみに出ようとしています。


2月18日から虔十の会では
「座っていいとも!工事だヨ!全員集合」と銘打って
トラスト地にデッキを立ち上げ(もう屋根とおコタまで完備されてます☆)


日々いろんな人たちが集い、話し合い、ミニライブ、鍋パーティ、などなどなど。。。
時に真剣に、時にのんびり温かく、時に明るく愉しい
誰でも参加自由、飛び入り、差し入れ大歓迎の活動が展開中なのです。
備えつけられた炬燵は豆炭と湯たんぽでほかほかでした~。


そして
トラスト地立ち退き勧告のリミットが
来月に迫っています。
3月25日(火)なのだそうです。


確かに、
道路は必要で
これまでもその恩恵にあずかってきたことは
否めないのかもしれません。


でも、もうこれ以上
そんなに必要にせまられた道路工事なんてあるの・・・?


霊山とうたわれ
ミシュランも認める
世界有数の緑豊かで貴重なこの高尾山に・・・?


それにしても
どこかでも
何回も何回も何回も、
聞いたようなハナシだなぁ・・・


などなど
知らないことも一杯
素朴な疑問
つっこみどころ盛り沢山。


遠くで気を揉んでるより
ちょっくらちょいと覗いてこよう


と、出かけた私ですが
いろんなお話を伺い
実際に現地を目の当たりにし
様々なことに想いを馳せる
一日となりました。


百聞は一見にしかず。
この言葉を実感したのはいつ以来だろう。。。
(使い方、あってる??)


なにより衝撃を受けたのは
しっとり深い森の匂いがしてくる筈の
山の麓の土が、カラカラだったこと。


豊かだった沢も涸れつつあり
植物も動物たちも、ひっそりと姿を消そうとしています。


山肌が削られ
たっぷりと土の中に蓄えられた水が
日々、刻一刻と
土砂と共に流されていく音が
聞こえてきました。


流れていくのではありません。
流されていく音なのでした。


このまま流されてゆく果てと
流れを変える可能性・・・・


風の強い山をあとにしました。


和居和居デッキの全貌・・・!


○こんなところでも~^^
【おてろく!ブログ】
【ブツブツ手帳】
【麦ダンスな日々】
【きっこのブログ】
【JANJAN】
【AllAbout】
【honocafe kakolog】
スポンサーサイト
Cm:5Tb:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。