スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【高尾遠足】

お店の定休日。
最近遠出をしてなかったのですけれど
久々に高尾の方まで、足を伸ばしてみました。


先日も書きましたが、今、高尾山のお腹に穴が開けられる工事が
着々と進んでいます。


圏央道のトンネルが掘られているのです。


最近それを教えてもらい
東京にいながら、知らなかったことにショックを受けました。


20年以上も前から、かの土地に暮らす方たちの多くは国の計画に反対し、
2000年からは、虔十の会というNGO団体の方々が、高尾の自然を
守る活動をされています。


入会地と呼ばれるその地域の共有地として
古くから利用されてきた土地があり、
その一部はトラスト地として、保護活動団体所有の土地でもあります。
そこに関わる全員の許可もないまま
国と都は、その土地も国有だとし
そのすぐ横から
反対する住民の少ない裏側の方から
国定公園ど真ん中、高尾山の工事を始めています。


1m掘り進むと、7000万円のお金がおりてくるそうです。
さて、いったいそれはどこから?そしてどこへ?


活動されている方たちの声が今、各地に届き
この事実が明るみに出ようとしています。


2月18日から虔十の会では
「座っていいとも!工事だヨ!全員集合」と銘打って
トラスト地にデッキを立ち上げ(もう屋根とおコタまで完備されてます☆)


日々いろんな人たちが集い、話し合い、ミニライブ、鍋パーティ、などなどなど。。。
時に真剣に、時にのんびり温かく、時に明るく愉しい
誰でも参加自由、飛び入り、差し入れ大歓迎の活動が展開中なのです。
備えつけられた炬燵は豆炭と湯たんぽでほかほかでした~。


そして
トラスト地立ち退き勧告のリミットが
来月に迫っています。
3月25日(火)なのだそうです。


確かに、
道路は必要で
これまでもその恩恵にあずかってきたことは
否めないのかもしれません。


でも、もうこれ以上
そんなに必要にせまられた道路工事なんてあるの・・・?


霊山とうたわれ
ミシュランも認める
世界有数の緑豊かで貴重なこの高尾山に・・・?


それにしても
どこかでも
何回も何回も何回も、
聞いたようなハナシだなぁ・・・


などなど
知らないことも一杯
素朴な疑問
つっこみどころ盛り沢山。


遠くで気を揉んでるより
ちょっくらちょいと覗いてこよう


と、出かけた私ですが
いろんなお話を伺い
実際に現地を目の当たりにし
様々なことに想いを馳せる
一日となりました。


百聞は一見にしかず。
この言葉を実感したのはいつ以来だろう。。。
(使い方、あってる??)


なにより衝撃を受けたのは
しっとり深い森の匂いがしてくる筈の
山の麓の土が、カラカラだったこと。


豊かだった沢も涸れつつあり
植物も動物たちも、ひっそりと姿を消そうとしています。


山肌が削られ
たっぷりと土の中に蓄えられた水が
日々、刻一刻と
土砂と共に流されていく音が
聞こえてきました。


流れていくのではありません。
流されていく音なのでした。


このまま流されてゆく果てと
流れを変える可能性・・・・


風の強い山をあとにしました。


和居和居デッキの全貌・・・!


○こんなところでも~^^
【おてろく!ブログ】
【ブツブツ手帳】
【麦ダンスな日々】
【きっこのブログ】
【JANJAN】
【AllAbout】
【honocafe kakolog】
スポンサーサイト
Cm:5Tb:0

【手前味噌の会】

2008/02/21 10:35【お知らせ】
2月の寒いうちに自分でお味噌を仕込んでみませんか?


国産の有機大豆と米麹を使い、手作り味噌の講習会を開きます。
お子様づれも大歓迎。
(今年は松田のマヨネーズの松田さんちの糀と大豆デス☆)

去年作ったお味噌も開帳です。


茹で上げた大豆から、お味噌として寝かせるまでの行程を
みんなで愉しくやっていきます。
最後はおむすびとお味噌汁をいただきながら、のんびり。


お子さま連れも歓迎です。
どうぞお気軽にご参加ください。



         『手前味噌の会』


◆日時:  
A) 2007年2月22日(金)19:30~21:30
B)       2月27日(水)15:00~17:30 (A,B同内容です)
                          
*この時間帯はカフェの営業はお休みさせていただきます


◆場所:  ほのかふぇ (井の頭線三鷹台駅前徒歩30秒)
◆先生:  山崎初代さん
◆参加費: 2000円(お味噌お持ち帰り分含む)
◆持ち物: エプロン、三角巾、手ぬぐい、筆記用具


*要予約です
*玄米おむすびと香の物、お味噌汁、お茶付です
*お子様もご一緒にどうぞ



◆問い合わせと申し込み:
        ほのかふぇ 電話 0422-76-4717


balls















Cm:0Tb:0

【天狗の棲む山】

2008/02/19 18:36【日々雑感】
子どものころから
休みの日っていうと


母がお手製の梅干で
海苔むすびを握ってくれて


おかず
(ほんのり甘い玉子焼き、
鶏の唐揚、胡瓜のお漬物、が定番)と
麦茶がたっぷり入った水筒を
持たせてくれたな~。


自慢の想い出デス☆


それでもって父と私
しばらくすると妹と弟も加わり
あるときは自転車で
あるときは黄色や橙色の電車に乗って
野山へ。


母や祖父も一緒の時は
毎年れんげ畑がきれいな巾着田で
れんげを摘んだり川遊び。


ケーブルカーでも登れる高尾山では
楽焼のお皿に絵を描いたり


ピロロ・・・と
涼やかな音を奏でる
水色のことりの形した水笛を買ってもらい
家に帰ってからも大切に吹いてたっけ・・・
(トイレにまで持ち込んで、タイルに落として
割れちゃって半べそかいた~)


小さな頃は
みんなを待ちきれず
駆けのぼるように天に向かって
山道を走っていた
時折笛を吹きながら


木々の緑
そこからのぞく空の青
煌く陽のひかり
どきどきするくらい
しっとり深い森の匂い


それらを抜け
汗をぬぐうとやがて
日向のにおいにあふれる
こんもりとした頂


みんなで食べるお弁当
懐かしい大切な記憶・・・。


東京で生まれ育った
私たち姉弟にも
野山や海、川を近くに感じさせてくれ
裸足でも遊べて
木立の中に秘密基地を作れるような
庭を残し育ててくれた
両親には
今も本当に感謝しています。


そして
小さな私たちを受け入れ
育んでくれた
たくさんの自然の中のいのち
営み。


木々や山、草花
吹き渡る風
清らかな水
移り変わる空の彩
おひさまの光
姿が見えたり見えなかったりする
たくさんの生き物たち・・・


その存在がなかったら
とっくに私のこころは
都会の中で壊れていたと
それははっきりいえる。


けれど
当たり前のようにあった
近所の原っぱや
こっそり遊んだ畑が


当たり前のように
いつのまにかビルやマンションに
管理された四角い公園にと
変わってゆくのを


子どもの私は
いつもだまって見ていた。


どんどん
普通に遊べる場所が無くなって
みんな
新しくキレイになってしまった。


たんぽぽ摘んだ空き地も
四葉のクローバーがとれる秘密の場所も
どんぐりや木の枝を探した公園へと続く小道も。


新しい
快適
便利って
ナニ?
それってほんとに
綺麗なもの?


手つかずの
素朴さ、荒々しさ
美しさ、温かさ
のんびりしたもの
ヘンテコなもの


そんなものたちが
どんどんどんどん
いつ間にか消えていく


それは
仕方のないことだったのかな??


今、神聖なはずの大切な山にまで
その手は及んでいる


その手を下しているのは
一体誰?
一体何の為?
私って誰?


もう子どもじゃない
私にできることって
一体何だろう・・・?


http://kenju-iitomo.sblo.jp/
http://otera6.jugem.jp/?eid=129
http://honocafe.blog93.fc2.com/blog-entry-102.html

Cm:0Tb:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。