スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ブツブツ交換市 節分初笑いdeGo!】 

寒い日が続きますね。


そんなときこそ
たっぷり笑って心からあたたまろうではありませぬか~


ということで、ナントほのかふぇ初路線
素敵なコメディエンヌたち&なぞのマジッシャンの登場です・・・!
詳しいプログラムは追ってお知らせいたします☆


   【ブツブツ交換市 節分初笑いdeGo!】 
     ~笑って心の鬼を追い払おう!~


 ◆ 日時: 2月3日(日) 15:00~16:00
 ◆ 場所: ほのかふぇ 
        井の頭線三鷹台駅下車徒歩30秒
        TEL 0422-76-4717

 ◆ 料金: 1,500円 (オーガニックなお茶&お菓子付き)
 
   ※終演後、ブツブツ交換市も開催します(~17:30)
    是非交換したい品、一品からお気軽にご持参ください
   

 ◆ 出演: 俄企画

         ジュリーさまだ

         あいマイ&みいマイ

        企画集団AーA’

         中川圭永子    
      
       <ゲスト> DS1 

         青山杉子
            

          絵本の読み聞かせ・マジック・腹話術の共演です
    

【高尾の自然】

寒い日が続きます。
仕事の帰り道、自転車で公園を駆け抜けたのですが、
水溜りに氷が張っていました。
近年あまり凍えるほどの寒い思いを近所でしていなかったので
ぱりぱりって音が、ちょっと新鮮でした。

先日大きなぼたん雪が降りましたね。。。
降りしきる様子に昔を思い出しました。


小さい頃は、東京の23区内に住んでいた私でも
朝は寒い中でもわざわざ庭に出て
土に生まれた霜柱を踏んでから学校に行ったものでした。


雪の日、かじかむ手
ストーブの周りにぶらさげる湿った手袋、ゆらゆらゆらぐ湯気。


家の庭や校庭に小さいながらも雪だるまやかまくらを作り
真っ赤な顔して写ってる写真とか、残ってます。
冬は寒くてニガテだったけど、雪は大好きでした。


最近は、しもやけとか、雪で学校がお休み、とか
あまりきかないですね。。。


さて、ひとつお知らせです。


都内は自然がない、って言われてるけれど
奥多摩や青梅、そして大島などの伊豆の島々も
実は東京都なんですよね。
少し脚をのばして埼玉の秩父や高麗川の方へも
小さい頃、よく連れていってもらってました。

学校に上がる前から、東京に今も残る貴重な自然の中に
家族でお弁当を持ってでかけたものです。


そして山登りといえば、まずは高尾山。
小中学校の遠足、初詣、紅葉狩りなどなど・・・
思い出がたくさんあります。


その高尾で、たいへんなことがおこってること
最近知りました。
ずっとのんきだった自分にショック。。。
http://otera6.jugem.jp/?eid=129

http://homepage2.nifty.com/kenju/index.html


渦中にあるのは、
最近ミシュランの三ツ星に輝いた高尾山。


■□■高尾山ってどんな山?■


☆ブナをはじめ1300種の植物、5000種の昆虫、150種の野鳥が生きる山。

☆すぐれた生態系を維持していて国定公園にも指定されています。

☆日本で一番、人がたくさん登る山。

☆水がとても豊富な山。
高尾山の水の循環が、この山の生態系を維持している。


■□■トンネルが掘られるとどうなる?■

トンネルを掘られると地下水の流失が激しくおこり、
修験道の滝として有名な琵琶滝や蛇滝もかれてしまう懸念も。

トンネル工事なら風景を壊さないから、いいのでは?
と思っている方が大勢います。
でも、山のおなかの中には、「山の命=水」が、
毛細血管のように縦横無尽に流れています。
トンネル工事は、この水を流失したり
地下水脈の流れを変えてしまいます。

実際、トンネルを掘られてしまった高尾山の隣にある八王子城市趾
(深沢山)では、国史跡に指定されている「御主殿の滝」がかれてしまい、
八王子市教育委員会でも問題にされています。
「御主殿の滝」とは、北城氏照が、秀吉勢に滅ぼされたとき、
大勢のお城の女性が飛び込んで亡くなったので、
東京心霊スポットにもなっている所。
でも、いまは水が全然流れていなくて、とても飛び込んだとは思えない…


■□■山の声を聞いてください!■

トンネル工事は、着工され、高尾山は南側から掘られ始めています。
すでに、一本の沢が涸れてしまいました。。。
沢がひとつ涸れることは、その沢の水に潤されて生きていた命が
いっしょに消えてしまったということです。

山は今、じっと耐えています。
山は、身動きもできないし、声もあげることはできません。
どうか、山の悲鳴に耳を傾けてください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。