スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安曇野にて ~パーマカルチャー塾~

昨年の3月から12月まで
長野県安曇野の宿、シャロムヒュッテさんにて開かれた
安曇野パーマカルチャー塾(実習コース)に通っていました。


パーマカルチャーとは・・・
オーストラリアの教育者ビル・モリソンという人が体系づけ、
創り出した概念で、
パーマネント(持続的な、永久の)、カルチャー(文化)、
そしてアグリカルチャー(農業)を併せた造語です。


つまり、持続可能な農的暮らしのデザイン、という・・・。
はて・・・??


何年か前、初めて日本で紹介された緑のパーマカルチャー本を
ぱらら・・・とめくった時には、
「おぉ~素敵。でも実際、今の私には無理だよ~ん、、、」
と思って封印した、でもナニカと気になるナニカ、でした。


それがいろんな縁や想いが重なり、改めて
パーマカルチャーってなんぞや~~
と。


というか、ま、単に最初は
シャロムヒュッテのおいしい空気とお食事、
農作業や大工仕事の実習にただただ魅せられ、
ナニカを見つけに
東京を抜け出し安曇野通いを始めたのでした。


昨年は、自然農による実習と平行し
本物の棟梁の方のご指導の下
日本に昔から伝わる在来工法により
シャロムの森の奥に、みんなの【森の小舎】
建てました。

20070703030300.jpg



私などは、途中お休みしたりもして、隅の方でもくもくと
小さな作業を繰り返していたかんじだったのですが、
それにしても、それはそれは大切な、愉しい時間の連続でした。

そして、みんなのチカラを合わせ、本当に、家が一軒、
建ってしまったのです・・・!


今回、未完成だった部分の最後の作業に加わるため、
有志で安曇野に集いました。


あと2面残した外壁塗り。
仕事の都合で遅れていったのですが、
やさしい仲間たちは、作業部分を残しておいてくれた
のでした(涙。。。)



申込み時には予想もしていなかったけれど
年間を通じこの塾に通うことで
それまでの自分の生活の中の矛盾や疑問点を総点検していく
ような作業と
急にお店を始めることになり、この総ざらえと一連のつながりが
リンクし、いろいろなことが始まりました。


そしてついつい煮詰まりそうになると、
なにより続けていくためには
みんなと繋がり、愉しく♪・・・といった
主催の方々の想いや
塾生の仲間との温かい交流により
たくさんの気づきをいただいたかんじでした。


私が一番感銘を受けたのは、この一連の考え方が
自分の生まれ育った土地や国の、昔ながらの智慧を継承していく、
というところでした。
それがとても心強く、安心感があり、すごく嬉しいかんじが
しています。


まずは今の足元の暮らしを自らデザインしていく
そしてひとと楽しく繋がっていく
というパーマカルチャーの発想。


その中の大切な要素に
「地球への配慮」「ひとへの配慮」「資源の共有」というのが
あります。

これがとても素敵な考え方だと思います。
未来に希望を繋げられるヴィジョンの源だと。

だけど、じゃぁ実際の、東京に暮らす、
今の私の暮らしはどうなのかな? 
というのが自分の課題でした。
かといって、自分を追い詰めるように頭でっかちに
やっていたのでは愉しくないし続かない
ましてや人には伝わっていかないし~と。
   

結局、
究極を求めて、いきなりすべて遮断し
今の暮らしを投げ出すことではないのだな、と。


循環していく暮らしというのは、
エネルギーや環境の問題だけでない
人間関係を含めた、
つながりを大切にすること
巡っていくこと
意志を持って自ら転換していくことなのだな~と
季節を経て、体験的に、
しみじみ感じることができたのでした。


都会にいると、時々自然のリズムを忘れ、バランスを崩して
しまいそうになることもありますが、
安曇野の空気や、パーマカルチャー的なことを想い出すと
なんというか、深呼吸したようなかんじになります。


そんなわけで、これからも安曇野への旅は
ちょくちょくするかもしれません。
森の小舎に泊まる愉しみも増えましたし~


ふろしき・フロシキ・furoshiki・・・!

風呂敷って御存知でしたか?
って、もちろん御存知ですよねぇ・・・


でもワタクシ、まったくをもって知りませんでした。
その驚くべき多機能性、簡易性、
遊びゴコロくすぐる自在な使い勝手 etc.etc....


昨日ほのかふぇにて、
~普段使いを愉しもう~『風呂敷の会』が開かれました。


器用なほうではないので、ついてゆけるかな~自分、という心配が
若干ありつつも、センセイのゆったりとした丁寧なご指導の下、
次々と繰り出される布づかいの多様性に、まずは目からうろこの
連続でした。


基本の真結び(風呂敷づかいはコレさえできればOK)のやり方
から始まり、
帽子、お買い物袋、女学生バッグ、
ウエストポーチ、それを応用したペットボトルホルダー、
一升瓶2本持ち、肩掛けあるいは背中に背負えるバッグ。


オリジナルでは、
手袋(一部からはツッコミも~笑)、ブックカバー、
ヨーガマット入れ(!)
などなど。


わいわいあれこれ自分たちが普段身近に包みたいものから、
ちょっとずつ覚えていきました。


最近は着物を着たり、なにかを直接相手宅へ届けたり、
銭湯に行ったり、お弁当を作ったりの機会もほとんどなく、
布で包んで結ぶ、ということが身近なようで、はずかしながら、
私の日常ではまったくありませんでした。


ちょうどよいかんじに使い古された布に触れ、何度も縛ったり解いたり
してみて、布って便利で手になじむ大事な暮らしのアイテムだなぁと、
改めて感じ入りました。
これからはストップレジ袋、スタートふろしき~、と
本気で思えた愉しい時間でした。


もし手作り風呂敷を作る場合は、真四角でなく、
一センチほど縦横どちらかを長めにして縫うとよいそうです。
そうすると、ピッと布を張って使うときにテンションがかかり過ぎず、
余裕が出て使い勝手がよいのだとか。
やっぱりなんでも四角四面より、ちょっぴりノリシロ、
あった方がいいのかな。


大きな風呂敷だけでなく、自分の好みの大きさや柄の布を大中小
いろいろ何枚も持ち歩いて、用途に合わせて自在に結び合わせると、
ほんとうに無数のパターンの使い方が生まれてきます。
非常時にもきっと役立つことでしょう。


教えてくれた横山くんは使い始めのころ、かばんは持たずに
風呂敷だけを何枚か携え、京都へ旅行に出かけたそうです。
途中使い方を道連れになった年配の方から教わったり、
自分であれこれ技を編み出したりしたのだとか。
なかなかの珍道中が目に浮かんでしまいます。
風呂敷包みをたすきがけにして、坂道をタタタ~と
駆けのぼる姿とか勝手に。。。


折り紙も、まずはとてもカンタンで、でも実は繊細な技が内在する、
日本の貴重な文化だと思っていましたが、風呂敷についてもなるほど
なるほど・・・
とてもためになる知恵を授かりました。


また来月も曜日や時間を変えて、何度かお願いしたいと思います。


ご指導の横山くん、
コーディネイトしてくれたCさん、
参加してくださったみなさま、ありがとうございました。。。

★横山くんからのメッセージ★
「こんにちは。横山功(いさお)と申します。


1979年浅草生まれ。生き物が大好き。
毎日、絵を描いて暮らしています。
心、体、部屋、みんなが、ハッピーになれる絵を目指してます。


美術の学生だった、6年ほど前、自分の部屋を掃除すると
大量のレジ袋が飛び出てきました!

 
ごみの多さに驚き、あれこれ思いを巡らして、
その日からずっと風呂敷を使い続けています。


シンプルですが、多種多様の使い方があります。
オリジナルも伝授いたします。


エコロジーにとどまらず、大変便利でおしゃれな風呂敷は、
今や毎日のパートナーです。


縁あった皆さんと技をシェアし、楽しく覚えていただけたら
嬉しいです。


もし、風呂敷を持参していただけると助かります。
バンダナも使えます。
タンスの奥に眠っているかもしれません。


ぜひ、ゆっくりわいわいと楽しみましょう!」

スウィーツ 季節もの

しばらく調子が悪かった携帯をようやく買い替えました。


デジカメを持っていないため、このブログ写真が少なく
ちょっぴりさみしいので、早速新しくつくったスウィーツを
パチリ☆


と、構えたところ、ナ、ナント、カメラ機能が付いて
いないではないかっ・・・がーん!


いまどきそんなのあり~?
かなり吟味したつもりだったのに~


ま、PHSだし、機能はシンプルな方がいいも~ん、
と、なんとか開き直り、お下がりのカメラが手に入るまで、
しばらく写真のアップはお預けです、、、。


前置き長くなりましたが・・・


【グループ野原】さん配達【香川農園】さんの伊予柑と
みかんジュースで作った『伊予柑の寒天ゼリー』をただ今
お出ししています。



また、【森脇製パン】さんの『文旦のタルト』も
さっぱりした甘さで美味しいです。


先日の『完熟いちごのタルト』は、半日で完売でした。



三鷹【吉田農園】さんの柚子を使った
『柚子とお豆腐のチーズケーキ風』も時々作ってます。
これ、結構人気です。


あとは、よもぎと小豆の入った
『よもぎ小豆のおからケーキ』などなど。


どれも卵や乳製品、普通のお砂糖は使っていないので
きた~っという甘さやパンチはないけれど、
穏やかな甘さと素材が生きたお菓子だと思います。


ぜひお試しください。。。

『風呂敷の会』へのお誘い

『手前味噌の会』につづき今月は・・・


~普段づかいを愉しもう~
      『風呂敷の会』


「こんにちは。横山功(いさお)と申します。


1979年浅草生まれ。生き物が大好き。
毎日、絵を描いて暮らしています。
心、体、部屋、みんなが、ハッピーになれる絵を目指してます。


美術の学生だった、6年ほど前、自分の部屋を掃除すると
大量のレジ袋が飛び出てきました!

 
ごみの多さに驚き、あれこれ思いを巡らして、
その日からずっと風呂敷を使い続けています。


シンプルですが、多種多様の使い方があります。
オリジナルも伝授いたします。


エコロジーにとどまらず、大変便利でおしゃれな風呂敷は、
今や毎日のパートナーです。


縁あった皆さんと技をシェアし、楽しく覚えていただけたら
嬉しいです。


もし、風呂敷を持参していただけると助かります。
バンダナも使えます。
タンスの奥に眠っているかもしれません。


ぜひ、ゆっくりわいわいと楽しみましょう!」


と、いうわけで、横山功くんをお迎えし、
愉しく風呂敷の会開催です。


お誘い合わせの上、みなさまこぞってご参加ください。


       ~ 記 ~

~普段使いを愉しもう~
      『風呂敷の会』    

・日時: 3月14日(水)15:30~17:30ごろまで
・場所: ほのかふぇ (京王井の頭線三鷹台駅徒歩30秒)
・持ち物:風呂敷(あれば。バンダナなど大き目の布でも)
      筆記用具
・参加費:1000円(お茶とお菓子つきです)


・問合せとご予約は・・・
     ほのかふぇ までお電話で 0422-76-4717
                       (木曜定休)

お子さま連れ、当日申込も歓迎いたします。
お客さまの飛び入りもご自由に。
どうぞお越しください。。。

尚、当日の営業は3時をラストオーダーとさせていただきます。
ご了承ください。


                         以上です。


『手前味噌の会』

2月に愉しく味噌づくり。


これって長年やってみたくてできなかったことです。


母が何度か仕込んでいるのを見たり、少しだけ自分でも
トライしてみたりはしましたが、
今年こそは、と毎年思いつつ先延ばしにしていました。


そこでご縁があり、長年ご自宅で作っていらっしゃる
山崎さんにお願いして、お店で教えていただきました。


せっかくだからと急ごしらえのチラシやブログでお知らせし、
お友達つながりなどで集まっていただいた皆さんと、
わいわい愉しく2回の会で、約30キロの米味噌を仕込むことが
できました。


ミンサーと自家製お沢庵持参で教えてくださった山崎さん、
参加してくださった皆さま、ありがとうございました。


感想を寄せていただいたので、掲載しマス。


来年もお味噌の開帳も兼ねて、手前味噌の会、やりたいなぁ、
と思いました。


Fさん
「今日(22日)、焼酎とホーローを買って味噌を
 つめてみました。 一年後が楽しみですー。」


Aさん
「今日は、とても楽しかったです!
 『味噌は家でも作れるらしい』と聞いたことはあっても、
 自分ひとりでは、まずやらなかったと思います。
 やってみたら思いのほか簡単で、なんでもやってみるもの
 ですね!
 1年寝かすというのも、いいなぁと思います。
 自然の力に委ねてゆるりと。「待つ」というのが楽しいです。
 ただ、やっぱり自分だけではやらないと思うので、
 こういう会で、みんなでいろいろ作れると嬉しいです!」


Tさん
「もっと難しいのかな?と思ってましたが、意外に簡単で
 楽しかったです。
 玄米ごはんがとっても美味しくて(^-^)びっくりでした。
 また何か作ってみたいです!ありがとうございましたm(_ _)m 」


Sさん
「ほんとーにありがとうございました。新しいビジョンをみせて
 いただいて、本当に感謝ですー(^_^)/
 まさにわたしが目指している、お料理教室でした☆ 」



お味噌の色は最初から味噌色(つまり茶色)とついつい思い込んで
いたので、茹でたての大豆の柔らかい香りと色がとても新鮮に
感じました。

味噌玉を瓶に投げ入れるときのみなさんの気合
(剛速球の味噌でしたネ)
が、かなり面白かった(失礼・・・!)です。


ところで・・・
大豆のゆで汁は、お皿洗いには最適、油汚れがスキッと落ちます。


米麹と塩、そして大豆汁を触ったその日の手は
とてもすべすべして気持ちよかったです。


20070301062804.jpg

mince

mix

balls

sapper

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。